Mie Hayamizu photography

写真 と 造形研究ノート 
MENU

2018.12.28 Note

333.jpg

 モヨロ貝塚からカエル意匠の土器が出土しています。
カエルのモチーフは縄文時代によく見られ、
一説では再生のシンボルと考えられています。

ところが、オホーツク人が形成の一員として関わっていると考えられる
後のアイヌ文化になると、カエルは忌み嫌われる存在になるようです。
そこに至るまでに何があったんでしょう?不思議です。

カエルのワードで思い浮かぶのは、
アイヌ工芸を芸術まで高めたと言われる彫刻家の砂澤ビッキ氏。
アイヌ語でカエルを意味する「ビッキ」が子どもの頃からの愛称だったそうです。
アイヌ文化では魔除けとして忌み嫌われる言葉を
名前としてつけることがあるそうですよ。愛を感じさせる文化ですね。
彼もそうであったのでしょうか?
それとも元気いっぱい跳ね回るような子だったから?
とっても気になります。

砂澤氏の作品は野外美術館などで拝見しているのですが、
BIKKYアトリエ3モアにはまだ行ったことがありません。
機会をつくって行ってみたいと思っています。

写真はキタキツネですが、実は足元にカエルがおります。

【参考文献】
知里幸恵『アイヌ神謡集』p129 1978.08.16 岩波書店

【参考サイト】
「北海道歴史文化ポータルサイトAKARENGA」縄文のさらなる発展—続縄文文化
「平塚市博物館」カエルの文様がある有孔鍔付土器(勝坂式土器)
「帯広百年記念館 アイヌ民族文化情報センター 」カエル
「アイヌと自然デジタル図鑑」アイヌの伝承 アチカラテスとハラテスの話
「中標津郷土館」町指定有形文化財蛙意匠の土器(続縄文時代)
「マガジンハウス コロカル」BIKKYアトリエ3モア

♯アイヌ ♯砂澤ビッキ ♯蛙文土器

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。