Mie Hayamizu photography

写真 と 造形研究ノート 
MENU

2018.12.05 Note

DSC_0942_20181210011628488.jpg

名 称 南6条遺跡
所在地 網走市南6条東2丁目~東5丁目
種 別 遺物包含地
時 代 続縄文、擦文
立 地 河岸段丘(砂層)
標 高 5~6 m
出土遺物 土器、石器

解体が始まる網走高校のあたりは遺跡なんですね。

実家が土建屋なので、地面を深く掘るような仕事がある時は
土器が出ませんようにと祈ると言う話を子どもの頃に聞きました。
土器ひとつで工事に取り掛かれなくなるのです。
それでも「土器出てこーい」って思ってしまいます、わたしは。

友人の使っている駐車場も遺跡でした。身近すぎる。

写真は15年ほど前にOLYMPUS PEN EE3で撮影した網走高校。

【参考サイト】 北海道教育委員会 文化財・博物館課

♯網走高校跡地 ♯続縄文 ♯擦文

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。