Mie Hayamizu photography

写真 と 造形研究ノート 
MENU

2018.11.24 Note

11.jpg

オホーツク沿岸部に残されたムラの跡から
海に依存したオホーツク人の暮らしを垣間見ることができます。
この海に依存した暮らしこそがオホーツク文化の特徴です。

北海道の北部と樺太は漁業、
東部では海獣を対象とした狩猟に重点があったとされています。
この違いは、流氷の影響を受ける道東が
冬の漁業に適していなかった為だと考えられています。

写真は鱒浦海岸。

【参考文献】
野村崇・宇田川洋『続縄文・オホーツク文化』新北海道の古代2 北海道新聞社 2003年7月

♯オホーツク文化

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。