日々を、紡ぐ。 - Mie Hayamizu photography -

大切な時間、 写真に残そう。
MENU

よく食べるおやつ

甘いもの止めたらいいんだろうけど と 思いつつ、
今日は、ココナッツオイル+ハイココア+蜂蜜の生チョコと
無塩クラッカー+クリームチーズ+蜂蜜のチーズケーキ風を
つくって食べました。

蜂蜜はアカシア蜜が大好きです。

簡単で、お金があまりかからなくて、
市販のお菓子みたいに甘くどくないおやつが好き。
いも羊羮とか。ヨーグルトパンケーキとか。

イングリッシュスコーンを焼いて
無糖の植物性生クリームと蜂蜜つけて食べたり、
カフェインレスコーヒーに豆乳と蜂蜜いれたり、
紅茶に豆乳と蜂蜜いれたり、
きなこに豆乳と蜂蜜いれたり、
青汁に豆乳と蜂蜜いれたり、
ふじっこのカスピ海ヨーグルトに
アカシア蜂蜜かけて食べるのも好き

あれ…

ただのアカシア蜜好きだ、これ。

*

日々を、紡ぐ。 - Mie Hayamizu photography -

ごみ分別辞典

網走市 ごみ分別辞典
http://www.gomisaku.jp/0064/

これ、助かる。

*

日々を、紡ぐ。 - Mie Hayamizu photography -

鳩時計

15年ほど前に買った
リビングの電波時計が壊れました。

電池を換えても、光に当てても動かないので、
押し入れに眠っていた
無印の鳩時計をだしてきました。



可愛いです。

でも、部屋にはあわないんです。

何で買ったんだろう?
疲れてたのかな。


*

日々を、紡ぐ。 - Mie Hayamizu photography -

庭に巣が出来ていた

実家の庭には、体の小さな細身のカラスが来る。

昔、親鳥と一緒に飛ぶ練習をしていたカラスがいて、
その子と思われる幼鳥が毎年庭にくるようになった。
ハシボソなので性格は穏やか。
ちゃんと、こちらの顔を見てくる。
庭をチョコチョコ歩くのが可愛い。

キラキラひかる宝物をあちこちに置くようになり
きっとここが縄張りになったんだなと思った。

お気に入りの木があって、そこによくいるのは知ってた。
だけど、高さも低いし、人もよく歩く場所なので
巣はつくらないだろうと思ってたんだけど
今日、その木の上からバサっという音がして
ああ、カラスいるんだなーと見上げたら
立派な巣が出来ていました。

夜はいないようなので、まだ産卵していないのか
一度山の方に巣をつくって卵を奪われたのかわかんないけど、
ここが安全だとみなしたらしいです。

ずーっと見守ってきたカラスなので可愛いですし
親になる年まで成長したのかと感慨深いものはあるんですが、
うちにも守るべき可愛い姪甥がいるもので(お留守番だけど)
撤去する方向です。

山の近くなので背の高い木にハシブトガラスが巣をつくって
子どもの頃威嚇されまくって怖かった記憶がある。
そこまでのことはないと思うけど、念のためね。

人間の勝手でごめんね。

アルビノのカラスも、昔、来たことがある。
こわくない場所なんだろうね、きっと。

*

日々を、紡ぐ。 - Mie Hayamizu photography -

知床で昼ごはん

知床(ウトロ)のCafe & Bar 334でお昼を。



お洒落な内装。
繁忙期の7月~9月だと混むんだろうなあ。



パスタにしてみた。



お向かいさんの雲丹を味見させてもらった。
この時期の知床の雲丹は
磯の香りと甘味が濃厚で本当に美味しいです。

欲を言えば、
プライベートでのんびりきたい。
温泉入りたい。

*

日々を、紡ぐ。 - Mie Hayamizu photography -

平日にカフェる

美幌に行く予定があって、
昼ごはんとオヤツはしごしてきた。



昼ごはんは中島珈琲。
煙草くさくないと、もっといい店なんだけど。



カフェインレスの紅茶と手作りマフィン美味しかった。



そして、うちのブローチコレクションが増えました。
缶バッジはあんまり好きじゃなくて、ブローチ派です。

*

日々を、紡ぐ。 - Mie Hayamizu photography -

びっくりしたこと

とっても若い頃の話です。

誰かとお付き合いすると、
それは、お互い一人暮らしであっても、
「実家行くけど一緒にくる?」みたいな感じで、
お父さんお母さんのいる時にお邪魔して
「こんにちはー」って言って、
「ご飯たべてくかい?」
「いいんですか?ありがとうございます」
「仕事大変じゃないかい?」
「なんとかやってますー」
なんてやりとりがあって、
「これ使って」って、
おばあちゃんやお母さんが持つには若いからと雑貨を貰ったり、
可愛らしい石のついたペンダントを貰ったり、
お洋服を仕立てて貰ったり、
なんか娘みたいだ~って思うのが当たり前のことだったんだ。

だけど、

ある時お付き合いした人が、親にちゃんと合わせないというか、
友達には会えるんだけど・・・あれ?なんか変だな?
いや・・・もう大人だしこういうのが普通なのかなー?って
違和感を感じながらいたんですね。
そういう付き合い方をする人は、結局だらしなかったです。

人を大切に出来ない人と付き合うという経験がなかったし、
そういう人が存在することすら全く考えたこともなくて、
とってもびっくりした出来事でした。

昔は、若すぎて結婚なんて全く考えてもいなかったけれど、
例え家族になることがあっても、なかったとしても、
あたたかく迎え入れてくれる環境がバックグラウンドにあるって
とても心強いものなんだなと、いま改めて感じます。

冒頭の「実家行くけど一緒にくる?」を、デートはするけど付き合う前の
お付き合いしてみようかな?くらいの段階で言ってもらえると
ドキドキより安心して過ごしたい派としては、安心できるし嬉しい。

“2人の世界より、家族ぐるみで仲良く出来るかどうか”

わたしの基準。

いくつになっても、忘れちゃいけないこと。

大事なこと。

*

日々を、紡ぐ。 - Mie Hayamizu photography -

収穫祭



本日の散歩の収穫。

実家は国定公園の近くなので、庭に野鳥がくるんですが、
「ミエチちゃん、スズメがいるね」と言うので屋根の上を見たら
どうみてもスズメではない何かがこちらをみて警戒していました。
ちょっと体の大きな茶色っぽいような・・・あれは・・・なんだろう?
鳴き声もチュンチュンではない。
他にも、シジュウカラをみて「スズメがいる」とおっしゃってた。
へー、スズメって鳥のひとつの種類だと覚えたんだなあ
と、感動する叔母なのでした。

最近、自宅のアパートにもスズメが戻ってきたけれど
一時期ほとんど見なくなって、どうしたんだろう?と思ってました。
鳥に詳しい友人によると、鳥インフルの影響だったようで。
戻ってきてくれて、よかったよかった。

サントリーの愛鳥活動

*

日々を、紡ぐ。 - Mie Hayamizu photography -

おとなのための食育

ソムリエ資格を持っている方などを呼んで
国産有機ワイン(地産地消)の飲み比べをし、
アルコール代謝に必要なビタミンB1が含まれたものや、
ジビエ(これも地産地消)など、
テーマに沿った食事をみんなでつまみつつ、
ワインの産地の話や、
ワインに含まれているポリフェノールのことを学ぶ
・・・なんていうのも、ひとつの立派な食育なのね。

ふむふむ。

子どもに携わる機会が多いのに独身ゆえ
良く知らないまま接していて本当にいいの?という気持ちから、
保育士試験を受けようかと思って過去問を解いています。
(鍵盤は『愛の挨拶』とか『枯葉』とか簡単なものしか弾けないので、
実技は絵と朗読で乗り切ろうとしています。)
本日解いた栄養の問題は合格率70%でした。
80%まで持っていきたい。

食べたものが栄養になり体をつくる。
当たり前のことだけど、改めて食の大切さに気付かされます。

*

日々を、紡ぐ。 - Mie Hayamizu photography -

癒しのピンク色



玄関。 今週は、癒しのピンクです。

*

日々を、紡ぐ。 - Mie Hayamizu photography -

栄養学は理系です

東京駅構内スタンバイトーキョーの
公募展がはじまりました。
猿田彦珈琲と一緒にお楽しみください。

さて、

わたくし、いま栄養学を勉強中です。

栄養学は理系科目なのは知ってたんだけど
学びたいことなのでチャレンジ!…したものの
算数赤点大魔王にはハードル高すぎでした。
塩分の計算、全くわかんない。
計算の仕方も、さっぱりわかんない。
白眼ってます。
教科書を読み込んだら理解できるかな?うーん。

*

日々を、紡ぐ。 - Mie Hayamizu photography -

つくし



道端につくしがいっぱいはえているよって、姪が教えてくれた。

叔母は全く気づいてなかったよー。

*

日々を、紡ぐ。 - Mie Hayamizu photography -

ハーバリウム

母の日に向けて、
母と、心の母へのプレゼントを作りました。

haba.jpg
左は余った花で作った自分用です。
(背景にあふれ出ちゃった実家感、汗)

ドライフラワーのほうがもっと素敵に出来るんですが、
造花とベビーオイルで作ったハーバリウムです。

プレゼント用なのでオイルにしたけど、
洗濯のりでも作れます。

普段、あんまりハンドメイドをしないから不安だったので
いつもオシャレなものを作っている友人にLINEしてみたら
大丈夫っぽかったので安心して渡すことにしました♪

最後にリボンをかけたら完成です。

*

日々を、紡ぐ。 - Mie Hayamizu photography -

ワイン飲みながら絵を描けるBAR

アートバーってご存知ですか?

わたしは初耳でした。

ムサビ卒の先輩が教えてくださったんですが、
アートバーとは、ワインを飲みながら絵を描くスタイルで
ニューヨークをはじめ全米で流行している絵画教室なんだそうです。
いや、むしろ、絵を描きながらワインを飲むバーかもしれない。

わたしはゲコで、写真は撮れても絵画は初心者なので
行きたいけれどワイン飲めないんだよなーなんて思いましたが
ジュースやお菓子もあるから大丈夫だよというので、
今度、上京するときに代官山店に行ってみたいなって思ってます。

大人のリラックスタイム。

アートセラピーだよね。

素敵だ。

*

日々を、紡ぐ。 - Mie Hayamizu photography -

久しぶりに写真の展示と販売をします。

猿田彦珈琲のスペシャルティコーヒー豆を使用したカフェと雑貨の融合ショップ
「STANDBY TOKYO(スタンバイ トーキョー)」内にあります
自由が丘の老舗写真専門店「ポパイカメラ」のギャラリースペースにて、
写真を展示して頂くことになりました。

『東京駅スタンバイトーキョー ポパイカメラ主催写真公募展』

日時 : 20018年5月16日(水)~6月5日(火)

場所:東京駅構内 新幹線南乗り換え口目の前
   STANDBY TOKYO内のカフェギャラリー

時間 : 7:00~22:00(月~土)7:00~21:30(日・祝)

・ フォトカード販売(限定3枚)

・ パネル受注販売 1枚 8千円

STANDBY TOKYO(スタンバイ トーキョー)
https://retty.me/area/PRE13/ARE2/SUB202/100001178835/

ポパイカメラ
http://www.popeye.jp/

美味しい珈琲を飲みながら、ほっとしていただけるような
やわらか~い写真を1枚展示いたします。

東京駅に足を運ぶ機会がありましたら、是非ご覧ください。

*

日々を、紡ぐ。 - Mie Hayamizu photography -

元気の黄色

moblog_2823bbfd.jpg

もうチューリップの季節かーと思っていたら、

moblog_a4b88f80.jpg

ヒマワリが並ぶ季節になっていました。

黄色、元気出る。

*

日々を、紡ぐ。 - Mie Hayamizu photography -

実家の庭



おや?

庭石の上に、つつじが生えてました。

凄い生命力、そして、可愛いです。

*

日々を、紡ぐ。 - Mie Hayamizu photography -

該当の記事は見つかりませんでした。