Mie Hayamizu photography

写真 と 造形研究ノート 
MENU

人生は選択の連続だ

DSCN5634.jpg

生きてーる 生きているー。

と、サンサーラが脳内に流れる感じの今日この頃。

アオサギの飛行

DSCN358801_20200327034020fe0.jpg

これは6月に撮影したらしい。

網走市内のど真ん中を、こんな大きくてかっこいい鳥がビュンと飛んでいる。

♯網走

がぼっ。

わ。道端にフキノトウがでてる。 気づいたら春なんですね。

DSCN5661.jpg

もっと冬の写真をたくさん撮っておきたかったなあ。

DSCN5743.jpg

夕方、スーパーの帰り道ちょこっと森へ。
キョッキョ鳴いてる鳥がいるなあと思ったらアカゲラに遭遇。
綺麗だね。

DSCN5748.jpg

エサでも探しているのかな?ふふっっと微笑ましく眺めていると、

がぼっ。

え?!

DSCN5750.jpg

がぼっ。

DSCN57502.jpg

でか!

な、なんか、ちょっと、イメージと違った。

♯野鳥 ♯網走

カメラマジック

DSCN5417.jpg

「札幌の夜景ってカメラ通すと綺麗だよね。
でも、肉眼で見るとそうでもない。」と友だちが言うので
持っていたコンデジで撮影してみた札幌の夜景。
わー、たしかに! 気づかなかったよ。 さすが。

DSCN5439.jpg

DSCN5410.jpg

楽しくしゃべりながらカシャリカシャリとしてたので、
ちょっと写真が雑になってしまいました。
綺麗だし楽しくて良い時間でした。

♯札幌 ♯夜景

知床あたりをぶらり旅(カムイワッカの滝)

DSCN5129.jpg

一度も行ったことがなかったので
対向車と滑落に気を付けながら細いS字のダート道をひたすら進んで
カムイワッカ湯の滝へ。 なかなかの悪路。 そして地味に遠い。

DSCN5123.jpg

ウィキ情報になりますが、カムイワッカは
アイヌ語のkamuy(神、または神のような崇高な存在の意)、
wakka(水の意)であり、この川の温泉成分が強い硫黄成分を含むため有毒であり、
生物が生息できない「魔の水」の意味と解釈されているのだそうです。

この辺りの話しは、もう少し調べてノート化してもいいかも。

DSCN5104.jpg

カムイワッカ湯の滝は
知床硫黄山中腹から湧き出る温泉が川に流れ込んだもので
カムイワッカ川全体が流れる温泉となっているそうですよ。

DSCN5117.jpg

硫黄を含んだ強酸性の温泉なので
真水で流さないとヒリヒリになってしまうから眺めるだけにしました。
足つけたかったなー。

*

カムイワッカ川付近で出会った植物。

DSCN5101.jpg

ムラサキウマゴヤシでしょうか?

DSCN5125.jpg

ハコベ

DSCN5121.jpg

エゾムラサキ

DSCN5119.jpg

ミヤマタニタデ

*

DSCN5131.jpg

またね。知床。 

このカテゴリーに該当する記事はありません。