日々を、紡ぐ。 - miechi's photography -

大切な時間、 写真に残そう。
MENU

【2017年の予定です】

【ご挨拶】

はじめまして&いつも来てくれてありがとうございます。
北海道を拠点に写真による表現をしている、
フリーカメラマンのハヤミズ ミエ(miechi)です。

札幌のファションビルのポストカードとして
写真が採用されたことをきっかけに、
自分が好きな音楽やファッションに関わる人の
ポートレートを撮らせていただくようになり、
徐々に写真の仕事を頂くようになっていきました。
ご縁があってTV番組や広告にも使って戴きました。
いまは、マイペースに活動を続けています。

ブログは日常のことばかり書いてます。

【2017年の予定】

大沢征史監修『おいしいコーヒーに出会える本』(オークラ出版)
1ショットのみですが、撮影に携わらせていただきました。

http://miechiphoto.jimdo.com/

Flower



玄関と




リビングと



寝室にお花を飾る。

春はラナンキュラスが可愛いね。

いつもはスーパーで1束150~350円で、
トルコキキョウやカーネーションなどの
丈夫な花を買うんですけど、今日は花屋さんのです。
奮発です。

*

miechi

靴磨きをする人生

子どもの頃から靴磨きが大好きです。
パンプスをピッカピカにするの楽しい。

でもね、革靴を履く仕事の人と
付き合ったことがないんですよね。

スーツも着てないし、ネクタイもしてません。
仕事が、Webデザイナーやプログラマーだから、
かわいいTシャツなどをラフに着て、
花柄や紫のスニーカーで仕事にいく、と。

学生時代の彼氏が大人になってから
デザイン事務所を立ち上げたと聞いたときに、
あら、まさか、君もですかと思ったんだ。

たぶん、自由で個性的でフットワークが軽い
自分とは正反対の人に、
ものすごく惹かれてしまうんだと思います。

とても惹かれるんだけど、
生活となると似てる人のほうがいいのかな?
10年付き合っても結婚に結びつかないんだから、
わたしには、靴磨きする人生を歩んでる人のほうが
合うのかもしれない…
付き合ったことがないから、わからないのだけれど。

革靴の人、どこで出会えるの? いるの??
ユーマじゃないの?

ラフな雰囲気のひと好きだけどね、
30代が終わろうとしているから、いろいろ考えるよね。
書いちゃうよね。

*

miechi

カフェでも行きたいところだけども

週末、帯広や中標津あたりの、
ちょっと素敵なカフェに行きたい気分なんだけど、
お腹がゆるい今日この頃です。とほほ。
遠出ができない。

東京も、多少の土地勘はついたので
今度はカフェや素敵なお店をめぐるためだけに行ってみたいんだ。
花屋とかもすごく気になる。
写真のワークショップやマナースクールなどにもいってみたい。
あとは、水戸にも行ってみたい。
茨城のカフェがオシャレらしいと聞いて、そこらへんも歩きたいし。

ワクワクする。

自然も好きだけど、デザインされた美しさも同じくらい大事に思ってる。
美意識の高いものに触れると癒されるんだ。
音楽とか、建築とか。いろいろ。

とりあえず、お腹なおってほしい。
何か変なもの食べたっけな?

*

miechi

学芸員は研究職です

この発言に、静か~に怒っています。

Yahoo!ニュース 「学芸員はがん」=山本担当相が発言

私は、すべての学芸員職の方に敬意を持っています。
誰でも務まる仕事ではないからです。
その方たちを一掃って・・・。 しかもガン呼ばわり。

学芸員は専門職であり、研究職ですよね。

なぜ彼らにマルチタスクを求めるのでしょう。

ある程度のコミュニケーション能力は必要だと思いますが、
観光マインドって、学芸員に必要なものなんでしょうか?

美術分野でマネジメントとなると、アートマネジメントという分野があります。
観光につなげたいのなら、このアートマネジメントを専門に学んだ人を
学芸員として配置する方法もあると思いますよ。
それでも、アートマネジメントというのは、
地域住人のみなさんの力を引き出して、協力し合い、共に楽しみ、
アートでまちおこしをするという発想のものであって、
観光ビジネスとは似て非なるものですけどね、教育分野だし。

なんというか、行政の思惑と、館の運営側とのマッチングが
うまくいかなくてキィー!という話であって、
学芸員の仕事じゃないですよね、これって・・・。

文化って、守る人がいないと簡単に消えてしまうのにね。

*

miechi

素材重視

子どもの頃からムダに肌が弱いのですが、
もうすぐ40を迎えようとしている今、ますます肌が弱くなり、
可愛さより素材重視で服を選ぶようになりました。

オーガニックコットン、コットンシルク、シルク、カシミヤ、
ちょっと高そうな素材ですが、ニット1枚3900円くらいで買えますし、
しまむらに比べれば高いけれど、ユニクロだと思えば妥当かなと。
無印には、そういう欲しい素材の服がわりとあるのですが、
あんな感じで、どれも色気はありません。

若い頃はファッションに興味があって、服を売る仕事をしていたので、
まさか、デザインより素材重視で服を選ぶとは思ってもみませんでした。
もっとオシャレな大人になってる予定だったんだけどな~。
コンタクトもかゆいから眼鏡だよ。かゆさに負けたな~。

でもね、素材って大事です。
レーヨン(パルプなので悪くはないと思うんですが)でかぶれた肌が、
コットンを着るだけですぐに治ります。すごい。

販売員をしているときに、毎日のように「綿素材の服はある?」って
お客様に尋ねられていたけれど、なるほどなーと思った。

(いい加減、写真撮らないの?)

*

miechi